スタッフ紹介

志水 秀行

経歴

1986年 慶應義塾大学医学部卒業。同外科にて外科研修。
1990年 慶應義塾大学大学院卒業。医学博士号取得。
  都立清瀬小児病院、平塚市民病院、慶應義塾大学病院勤務、米国アラバマ大学心臓胸部外科クリニカルフェローを経て、1997年より慶應義塾大学心臓血管外科スタッフ。
2006年 慶應義塾大学医学部 外科学専任講師
2014年 慶應義塾大学医学部 外科学教授 心臓血管外科・診療科部長(現職)

主たる研究分野

心臓・大血管領域の疾患に対し、幅広い手術実績を有する。
特に、大動脈瘤・大動脈解離治療を得意とし、高難度手術と低侵襲治療(ステントグラフトなど)の両方を実践できる数少ない心臓血管外科医であることを特徴とする。
大動脈基部の病変に対しては、大動脈弁の性状によって自己弁温存手術(David法)を積極的に採用している。弓部大動脈瘤に対しては、選択的脳灌流法による脳保護のもとに多数例の手術を行っている。胸腹部大動脈瘤に対しては、最大の合併症である脊髄障害予防のために脊髄冷却カテーテルを世界で初めて臨床応用するなど、さまざまな取り組みを行っている。また、急性大動脈解離、大動脈瘤破裂などに対する緊急手術も数多く行っている。治療成績はいずれも良好である。
最近は、大動脈ハイブリッド手術(外科手術と血管内治療を融合させた新しい治療法)、TAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)などの最新医療にも積極的に取り組んでいる。

主たる所属学会・学会活動

  • 外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 脈管専門医
  • 日本胸部外科学会評議員
  • 日本心臓血管外科学会評議員
  • 日本血管外科学会評議員・理事
  • 日本脈管学会評議員・理事
  • 日本外科学会認定医・指導医・代議員
  • 日本胸部外科学会認定医・指導医
  • 腹部ステントグラフト実施医・指導医(Zenith、Excluder、EPL、Talent、Endurant)
  • 胸部ステントグラフト実施医・指導医(TAG、Talent、TX2、Valiant、Relay、Najuta)
  • 関連10学会構成日本ステントグラフト実施基準管理委員会 委員
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会FJCC(Fellow of the Japanese College of Cardiology)
  • 日本大動脈外科研究会 代表世話人
  • Japan MICS Summit  世話人
  • 日本経カテーテル心臓弁治療学会(JTVT)  理事
  • 日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会 幹事
  • Developing Academic Surgeon 15 世話人
  • 日本冠疾患学会
  • 日本心臓弁膜症学会
  • 日本外科系連合学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本人工臓器学会
  • 日本小児外科学会
  • The Society of Thoracic Surgeons
  • European Society of Thoracic Surgeons
  • The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery

キーワード

胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈解離、ステントグラフト、脳保護、脊髄保護、自己弁温存基部置換、経カテーテル大動脈弁置換(TAVI)、心臓弁膜症、冠動脈疾患、先天性心疾患

 

▲UP